嵐のあと。

f:id:bluem00n:20171030130812j:image

 f:id:bluem00n:20171030130822j:image

台風が過ぎ去ってスッキリと晴れた朝。

今日はもうなんだか仕事に行きたくない。

気づけば、職場とは反対方向の電車に乗っていました。

 

まだ開いたばかりの山門をくぐる。

台風が降らした大雨で濡れた植物が太陽の光を反射してキラキラしている。

白やピンクの名前を知らない花が可愛らしく咲いていて、この前来た時はまだ色づき始めたばかりだった野葡萄が宝石のような紫色に。

足元を見れば黄色いコロンとした銀杏が地面いっぱいに落ちていた。

青い空にふわふわした雲が浮かんでいる。

 

やっとちゃんと呼吸ができたような気がした。

 

最近どうしたらいいかわからなくなってしまって、自分のやろうとしてることは間違っているんじゃないかって不安でたまらなくて。

どこにいても誰といても落ち着かなかった。

でも、ここに来てただただこの空気の中に自分をちょこんと置いてみたら、なんだかふっと力が抜けて安心した。

大丈夫だって思えた。

 

大きく大きく深呼吸をしてお礼を伝えて山門をくぐった時にはすごく楽になっていました。

 

私は特定の宗教を信仰しているわけでもなんでもないけど、ここに来るとそっとやさしく背中を押してもらえる、そんな気がするのです。

 

そのまま歩いていたら、お腹がすいてきたので朝ごはん。

小さな定食屋さんでたまごかけごはん、お味噌汁、小鉢にお漬物とお茶のセットを。

ご飯がもちもちの五穀米でおいしかった。

食べることを疎かにしちゃいけないなって。

シンプルな食事ほど身体にしっかり染み込んでくる。

 

その後はマッサージへ。

全身をしっかりほぐしてもらっているうちにいつの間にか眠ってしまいました。

目が覚めた時には血行が良くなってホカホカ。

 

食べることも休むことも働くことも遊ぶこともみんなみんな大切だ。

 

こんなふうに行き詰まっちゃったのは、自分の幸せを誰かに託そうとしていたから。

幸せにしてもらおうって知らず知らずのうちに思っていたからだってわかった。

だから、期待通りの言葉がもらえなくて苦しくなって不安になってどうしたらいいかわかんなくなってた。

自分を幸せにしてあげられるのも大切にしてあげられるのも自分だけなのに。

 

今日がなかったらたぶん潰れてた。

全部から逃げ出す本当にちょっと手前だった。

 

もう大丈夫。

また前を向いて歩いて行けるね。

 

デトックス。

f:id:bluem00n:20171029173130j:image 

金曜日の夜はスーパー銭湯へ。

車で15分くらいのところにあって、疲れたな〜という時に行きます。

 

普段はシャワーなので、大きい湯船にザブンと浸かるのが本当に気持ちいい。

お気に入りは寝湯。

ごろんとするとすごく気持ちが良くて眠たくなります。

露天風呂で夜空をぼーっと眺めたり、サウナでたっぷり汗をかいて、お風呂上がりに牛乳瓶のコーヒー牛乳を飲めば、その日抱えていたモヤモヤもスッキリ。

なんやかんや言っても十分幸せじゃないかって思えるのです。 

 

 

 

遠足弁当とおばあちゃん。

f:id:bluem00n:20171027074314j:image

秋の遠足のお弁当。

娘のリクエストを全部詰めたらこんな感じになりました。

・ハンバーグ

・ズッキーニのソテー(ハンバーグの下に隠れてる)

・エビとブロッコリーの炒めもの

・カボチャとクリームチーズのサラダ

ミニトマト

・ツナとコーンのおにぎり

・みかん

帰り道に一緒にスーパーに寄ってお菓子を選んできました。

子どもの頃、学校で決められた金額の中で何を買おうか悩みながら選ぶのが楽しかったなぁ。

保育園では特に予算はないので、娘は好きなものを数種類。

小分けになっていて交換しやすそうなものを選んでいました。

駄菓子とかは選ばないんだなぁと思ったり。

 

その帰り道、知らないおばあちゃんに話しかけられました。

子どもといるとよくあることだけど、そのおばあちゃんが「仕事してるの?大変だと思うけど今が一番人生でキラキラしてる時なのよ。本当にそう。今を楽しんでね。」と。

たしかにそうなのかも。

日々、子育てに仕事に家事にって追われて私は今を楽しめているかなって。

ネガティブな面ばっかりに目を向けてないかって反省したのと同時にもっと気楽に向き合っていけばいいのかなって。

大変ということは充実してるとも置き換えられるのかも。

イライラカリカリするよりも、今を楽しんで過ごしていけたら素敵だな。

そして、キラキラをもっともっと。

バランス。

f:id:bluem00n:20171026073850j:image

昨日、仕事が終わり家に着いたのは23時過ぎ。

保育園には母に迎えに行ってもらい、娘には「先に寝ててね」と伝えていたけれど、ちょこんと座って眠い目を擦りながら待っていました。

「ママ〜おつかれさま〜」と言ってくれて、ぎゅーとしたらすぐに眠ってしまいました。

いつもどんなに先に寝ててねと言っても必ず待っていてくれる。

 

離婚したての頃、なかなか仕事が決まりませんでした。

そんな中、雇ってくれたパート先は朝番・中番・遅番とシフト制。

遅番勤務が多くて家に着くのは23時過ぎ。

1歳だった娘はその時もずーっと起きていて。

心配で不安で眠れなかったんだと思います。きっと今もそう。

 

子育てと仕事。

シングルマザーの私は仕事を辞めるという選択肢は選べない。

今の正社員で働いていることをやめて、思い切ってパートになる勇気もない。

でも、その一方で思う。

子どもと過ごす時間をこんなにも削りながら働く意味ってあるのかなって。

働かなきゃ生きていけないけれど、そのために大事なものを失くしているんだとしたら?

 

そんなことを考えながら今朝も満員電車に揺られて出勤したのでした。

 

でも、きっと今のこと娘と一緒に懐かしく話す日がくるんだと思う。

その時、笑顔でいられるように。

うまくバランスを取れる場所を探そう。

 

 

キラっと光るの。

f:id:bluem00n:20171024222115j:image  

なんだかうまくいかない。

ため息をつきたくなるような1日の中でもほっとする瞬間やうれしい瞬間はある。

そういうキラキラした粒を数えて、「今日も頑張ったな」とか「いい1日だったな」とか思えるようにしたい。

そしたら、うまくいかなかったあれやこれやもムダじゃないってきっと思えるから。

 

スタバでコーヒーを飲みながら、チョコレートケーキとシナモンロールを半分こしておしゃべりしたこと。

 

溜まってた事務作業を片付けられたこと。

 

今日着ていた服を褒められたこと。

 

娘が絆創膏を貼ってくれたこと。

 

ちゃんとちゃんと色々ある。

今日もいい1日。

おやすみなさい。

 

 

雨の休日とミッケ。

f:id:bluem00n:20171023073615j:image

大雨で外遊びができないので、昨日は部屋遊び。

まずは保育園で借りてきた『ミッケ』

横にお題が書いてあって探す絵本。

これがなかなか難しいんです。

娘はコツをつかんだのか、どんどん見つけていくので感心しちゃった。

私はなかなか見つけられなくて、前のページに戻ってなんとなくヒントを見つけて探し出したり。(次のページに全体像の絵があるのです。)

2人して熱中して楽しむことができました。

思えば、私も子どもの頃は近くの図書館で『ウォーリーを探せ』を夢中になってやっていたな。懐かしい。

最近ハマっている神経衰弱もやりました。

サクサク当てていくから負けちゃうんだけど、「ママちょびっとあげるよ」って言っていつも分けてくれます。笑

 

久しぶりに昼寝もゆっくりすることができました。

雨の音を聞きながら、蒸気でホットアイマスクをして布団に入ったらいつの間にか…。

気がついたら2時間も経っていました。

気象病なので頭痛や肩こりがひどいのですが、寝ると少しよくなる。

 

夕方には近所のおいしいカレー屋さんでテイクアウトしてきたて食べたり。

作り置きのおかずを作ったり、体を温める効果のある入溶剤を入れてしっかり体を温めてほぐしたり。

断捨離もしてスッキリ。

まだまだ片付けられるものはあるから毎日少しずつ進めていこう。

 

仕事が休みでゆっくり過ごせるしあわせを噛み締めました。

 

 

母との時間。

f:id:bluem00n:20171022181156j:image

f:id:bluem00n:20171022181207j:image

台風接近の休み。

昨日は実家に帰り、久々にゆっくり。

母の手料理を食べて、最近のできごとや相談をしたり、ダラダラと夜中までテレビを観たり。

やっぱり母といると安心するなぁと思う。

母や妹と話すとかなりストレス解消になります。

 

今年の2月に実家を出るまでは、母親と子育てのことや仕事のこと、生活スタイルのことでケンカすることもしょっちゅうでした。

母からすれば娘である私のことも心配で、孫である私の娘のことも心配で、私の足らない点が目について、ついつい口を出したくなってしまうのはわかっていたけど、あんまり口を出されるとイライラしてしまって素直に聞き入れることができなかったりして。

だんだんお互いに息苦しくなっていました。

家を出て、お互いに適度な距離ができてよかったんだなぁと思う。

帰り際に野菜やらおかずやらたくさん持たせてくれたりする時、家を出たことを実感する。

手がちぎれちゃうんじゃないかってくらい手を振って見送ってくれる姿に、親にとって子どもはいくつになってもきっと子どもなんだろうなぁと思う。

 

お母さん、いつもありがとう。

私もお母さんみたいに強くてやさしくておちゃめなお母さんになりたいな。