雨の休日とミッケ。

f:id:bluem00n:20171023073615j:image

大雨で外遊びができないので、昨日は部屋遊び。

まずは保育園で借りてきた『ミッケ』

横にお題が書いてあって探す絵本。

これがなかなか難しいんです。

娘はコツをつかんだのか、どんどん見つけていくので感心しちゃった。

私はなかなか見つけられなくて、前のページに戻ってなんとなくヒントを見つけて探し出したり。(次のページに全体像の絵があるのです。)

2人して熱中して楽しむことができました。

思えば、私も子どもの頃は近くの図書館で『ウォーリーを探せ』を夢中になってやっていたな。懐かしい。

最近ハマっている神経衰弱もやりました。

サクサク当てていくから負けちゃうんだけど、「ママちょびっとあげるよ」って言っていつも分けてくれます。笑

 

久しぶりに昼寝もゆっくりすることができました。

雨の音を聞きながら、蒸気でホットアイマスクをして布団に入ったらいつの間にか…。

気がついたら2時間も経っていました。

気象病なので頭痛や肩こりがひどいのですが、寝ると少しよくなる。

 

夕方には近所のおいしいカレー屋さんでテイクアウトしてきたて食べたり。

作り置きのおかずを作ったり、体を温める効果のある入溶剤を入れてしっかり体を温めてほぐしたり。

断捨離もしてスッキリ。

まだまだ片付けられるものはあるから毎日少しずつ進めていこう。

 

仕事が休みでゆっくり過ごせるしあわせを噛み締めました。

 

 

母との時間。

f:id:bluem00n:20171022181156j:image

f:id:bluem00n:20171022181207j:image

台風接近の休み。

昨日は実家に帰り、久々にゆっくり。

母の手料理を食べて、最近のできごとや相談をしたり、ダラダラと夜中までテレビを観たり。

やっぱり母といると安心するなぁと思う。

母や妹と話すとかなりストレス解消になります。

 

今年の2月に実家を出るまでは、母親と子育てのことや仕事のこと、生活スタイルのことでケンカすることもしょっちゅうでした。

母からすれば娘である私のことも心配で、孫である私の娘のことも心配で、私の足らない点が目について、ついつい口を出したくなってしまうのはわかっていたけど、あんまり口を出されるとイライラしてしまって素直に聞き入れることができなかったりして。

だんだんお互いに息苦しくなっていました。

家を出て、お互いに適度な距離ができてよかったんだなぁと思う。

帰り際に野菜やらおかずやらたくさん持たせてくれたりする時、家を出たことを実感する。

手がちぎれちゃうんじゃないかってくらい手を振って見送ってくれる姿に、親にとって子どもはいくつになってもきっと子どもなんだろうなぁと思う。

 

お母さん、いつもありがとう。

私もお母さんみたいに強くてやさしくておちゃめなお母さんになりたいな。 

 

 

雨が好きになる。

f:id:bluem00n:20171021095411j:image

これだけ毎日のように雨が降り続くと晴れが恋しくなるけれど、今年の夏に私は雨が好きになった。

 

8月の連休を使って山に行った。

テラスにイスを出して、朝から晩までほとんどそこにいた。

山の天気は変わりやすくて、晴れたと思ったら土砂降りになったりして、ほぼすべての天気を体感したといってもいいくらい。

昼間にやさしく雨が降って植物が生き生きとして見えたり、夜中に土砂降りの雨が降って少しこわいくらい静かだったり。

 雨音に包まれて、他愛のない話をして過ごす時間は本当に贅沢だった。

そうした時間が憂鬱だった雨を特別なものしてくれた。

 

少しずつ少しずつ大切なものが増えていく、それはすごくしあわせなことだと思う。

きょうが一番いい日。

f:id:bluem00n:20171020181634j:image

日日是好日

ふっても てっても

日日是好日

泣いてもわらっても

きょうが一番いい日

私の一生の中の

大事な一日だから

 

 最近もっと1日1日を大切に過ごしていきたいと思うようになりました。

フルタイムで働き、子育てと家事をこなして、それだけでぐったり。

朝起きた瞬間からだるくてソファに座って動けないこともしょっちゅうで。

「疲れた、疲れた」と愚痴ってばかり。

そんな時、ふと思ったのです。

もし病気になって長く生きられないとしたら?

もし事故に遭ってしまって突然死んでしまったとしたら?

私はきっと今みたいに楽しむことをやめて文句ばっかり言っていた毎日を振り返って後悔するでしょう。

もっと子どもとの時間を作ればよかったとか、色んなところに行けばよかったとかね。

本当に自分にとって大切なものをちゃんと大切にできる人になりたいし、後悔するような毎日を送るんじゃなくどんな日も楽しみたい。

自分で自分をごきげんにしてあげられるようになりたい。

 

そんな私の日々の記録。