HOME SWEET HOME

なんてことのない毎日を大切に。

デトックス。

f:id:bluem00n:20170529184146j:image

東慶寺の白蓮舎 茶店でのひととき。

あまり人もいなくて、ゆっくりゆっくり流れる時間。

風の音、鳥の鳴き声、初夏の光…

自分の中の要らないものがちょっとずつちょっとずつ溶けだしていくような。

 

「こうじゃなくちゃいけない」

「失敗しちゃいけない」

「太っている自分は情けなくてみっともない」

「母親なのにまともに一緒にいてあげられなくてダメな親だ」

私は昔から自分にダメ出しをしてきました。

自分のことが大嫌いで、いつも"私はどうしてこうなんにもできなくてダメなんだろう?"って思ってた。

離婚した時に、さらにその気持ちは深まりました。

家族さえまともに持てない。

なんて自分はダメなんだろうって。

娘に悲しい思いをさせて最低だって。

仕事をするようになってからも、仕事が出来る人と自分を比べては落ち込んだり。

 

でも、隣で梅ジュースを飲みながら、娘が「おいしいね!」「気持ちいいね」って言っているのを見て、このままでいいんだってふと思いました。

ダメな自分でもいいじゃないかって。

娘がいてくれて、私と娘を大事に想ってくれる家族や彼、友達がいて、なんにもないと思ってた自分はちゃんと持ってるじゃないかって。

素直に思えました。

そしたらふーっと楽になりました。

 

きっとこれからも人と比べてつらくなったり悲しくなったりすることもあると思うし、壁にぶつかって立ち止まることもあると思うけど、私は私のままでいいんだってことを忘れずに乗り越えていきたいです。

 

私は私。

でもそれに甘えるんじゃなく、ちゃんと努力して磨きをかけていくことも忘れずに。

 

ネガティブに過ごしてきた時間もつらい経験も無駄ではない。

だからこそ、これからはそれをバネにしてもっと明るい気持ちで生きていきたいな。