HOME SWEET HOME

なんてことのない毎日を大切に。

働きながら育てること。

f:id:bluem00n:20170517075514j:image

「ママは全然遊んでくれない!早く早くって早くしなきゃいけないのは、ママが仕事なんかしてるからじゃん!お迎えだっていっつも最後の方だし!ご飯も遅いし、眠いのもママのせいだ!」

昨日の夜、娘に言われてしまいました。

口が達者なのもあって、思ってること、言いたいことをきちんと言うので…気持ちは痛いほど伝わってきました。

 

私が仕事をしなければ生活していけないけれど、それを5歳の娘に理解してほしいと思うのは違うと思うから、私はただ謝ることしかできなくて。

たぶん、娘は私が働かなきゃいけないこともちゃんとわかっていて、それでもさみしくて、毎日自分も保育園で頑張ってるんだってわかってほしかったんだよね。

1歳から保育園にほとんど休むことなく通って、色んなルールを覚えて、時にはお友達と上手くいかなくて喧嘩したり、先生に怒られたり。

私の知らないところでたくさんの経験をして、うれしい、楽しい、悲しい、さみしい、色々感じているんだと思います。

いっぱい我慢もしてくれているんだと思います。

そんな娘にちゃんと向き合えていたのかなと反省しました。

 

仕事が終われば、スーパーに寄って買い物、保育園に迎えに行って、家に着いたら晩ごはん作り、お風呂に入れて、寝かしつけて…

とにかく早く寝かせてあげたい、その気持ちばっかりが先行して、きちんとゆっくり話を聞いてあげたりする時間が少なかったんだよね。

ついつい「ちょっと待ってて」「あとでね」って後回しにしてしまって。

 

でも、ママ!ママ!って言ってくれるのも、今のうちだけ。

どんどん大きくなっていけば、その分私の存在は小さくなっていく。

そういう大切な時を「仕事が〜」とか「早くしないと」って思って、大切にできないのはどうなんだろうと思う。

 

長く働き続ける、それは私にとって大事なこと。

ひとりで育てていくには、なるべく長く働き続けられる職種を選ぶ必要があって、正社員として働くことも必要で。

正社員

事務職

9~18時(残業少なめ)

土日祝休み

賞与あり

今の仕事はなかなか簡単に手放せるものではないんだよね。

シングルマザーで正社員として働くことのできていない人はたくさんいて、その中では私は本当にラッキーな方で、たまたま今こうして働けているだけだから。

離婚した時は無職で自分の貯金なんか全然なくて、なんとかパートで働き始めて、やっとここまでこれたところ。

簡単には投げ出せないよね。

 

世の中の働いているお母さんはどうやって子どもとの時間を作っているんだろう。

土日にべったり一緒に過ごして、そこで話を聞いたり遊んだりしているけど、それだけじゃ全然足りないんだろうな。

私も子どもの頃、お母さんに話生きてもらったりするの大好きだったし。

少しでも安心して甘えられる時間を平日も作れるように頑張ろう。