読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOME SWEET HOME

なんてことのない毎日を大切に。

お弁当の思い出。

f:id:bluem00n:20170512080036j:image

娘の遠足の日のこと。

 

保育園の帰り道に一緒にスーパーに行き、おやつを選びました。

私が小さな頃は駄菓子を選んでいたけど、娘はみんなで交換できそうなファミリーパックのお菓子を中心に選んでいました。

ガム・飴・チョコは禁止なので、それ以外のお菓子を頭を悩ませつつ、とっても楽しそうに選んでいたので、私も一緒に行きたくなりました。

 

「お弁当のおかずは何がいい??」

「エビ!チキン!ブロッコリーと鮭おにぎり〜あとイチゴとリンゴ!デザートに入れて」

 

リクエストに応えて、

エビとパプリカのチーズ焼き

チキンソテー

ブロッコリー

プチトマト

鮭おにぎり

イチゴ

リンゴ

 

普段は給食なので、久しぶりに作るお弁当にバタバタ。こんな簡単なものしか作ってないのに笑

おかずは娘が寝たあとに作っておいたけれど、小さなお弁当箱に詰めるのが難しくて…。

毎日作ってくれていた母は大変だったろうなぁ。

 

子供が生まれて、ふとした時に母の優しさや偉大さに気付かされることがあります。本当に感謝です。

幼稚園、中学、高校、大学と母はずっとお弁当を作ってくれていました。

ブツクサ言っていたけど笑

今でも時々母のお弁当が食べたくなります。

実家で手料理を食べることはあっても、なかなかお弁当を食べる機会ってないから。

 

私のお弁当の思い出は、母とハイキングに行った時のこと。

なかなか目的地にたどり着けず、迷子になってしまい、ヘトヘトでやっと見つけたお茶屋さん。

そこは1品買えば、持ち込みのものを食べられるようになっていたので、おでんを買って、母のおにぎりを食べたら、とってもおいしくて。

梅干しのシンプルなおにぎり。

世界で一番おいしく感じたなぁ。

 

今度は私がおにぎりを作って、母をハイキングに誘おうかなぁ。