読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOME SWEET HOME

なんてことのない毎日を大切に。

毎日っていいな。

f:id:bluem00n:20170411090336j:image

昨日は仕事を早上がりして夕飯を作りながら、併せて常備菜も一緒に作りました。

・こまつなのはなの胡麻和え

・茹でたスナップエンドウ

・オクラの生姜醤油漬け

・ひじきの煮物

・キャロットラペ

夕飯のおかずはもちろんお弁当に入れたり。

サボりがちだったけどあれば便利。

今日は早速常備菜を詰めてお弁当にしました。

最近ごはんを作るのがめんどくさくて、土日になると外食してしまったり、平日はお惣菜を買ってしまったりしていたけど、「食べる」って暮らしていくことの基本のひとつなんだよね…と改めて思いました。

"暮らしていくこと"について改めて考えたのは、吉本ばななさんの『毎日っていいな』を読んだから。

 

-大好きな街並み、我が家の食卓、友だちとのおしゃべり、両親との思い出...
何気ない日々のひとつひとつがこんなにも愛おしいなんて。
すべての人の毎日が健やかで、小さな幸せに満ちていますように――
著者の祈りが光となって降り注ぎ、せわしない暮らしのなかでこわばった
私たちのこころをあたためる、とっておきのエッセー50編。-

 

なにげない毎日は、実は小さな幸せに満ち満ちていて、当たり前に思える繰り返しの日々こそ幸せなものなんだと気づかせてくれるエッセイでした。

どの編を読んでもふわっと包まれるような、そんなやさしい気持ちになれるものばかりでした。

-だから目の前でごはんを食べている人とちゃんと過ごそうと、そしてなるべく自分にも他人にもアラを見つけず鷹揚でありたいと思っている。-

この言葉がすごく心に残りました。

今朝普通に一緒におしゃべりしながらごはんを食べた家族とも、この前美味しくお酒を飲んだあの友達とも、いつもう一緒に楽しく過ごせなくなるかわからない。

だから、一回一回が大切なことで、でもそれは堅苦しく重苦しく考えるものじゃなくて、ただただ楽しく美味しく、その時間に向き合い過ごせばいい。

 

本当はたくさんの幸せで満ちていることに気づけたら、もっと日々やさしく楽しく過ごせるんだろうなと思います。

 

今だって抱えている問題はあるけれど、家族がいて友達がいて、健康で、仕事があって、やりたいことや行きたい場所がある。

それで十分。